banner

banner banner banner

腹腔鏡下手術の主な特徴と改善点

banner 腹腔鏡下手術と言いますのは 、へその周辺より内視鏡カメラを入れ込んで腹部の中を見渡しながら鉗子をコントロールして遂行する手術になります。
外科系のフィールドではもうすでに多種多様にとり行われています。
たとえば、産婦人科のでも、不妊症の検査はもとより、卵巣嚢腫、あるいは子宮外妊娠、さらに子宮筋腫や子宮がんの施術でも普遍的に行われるようになっています。
腹部に対して数ヶ所の小さい穴をあけカメラ及び手術機器を入れ、モニターにおいて映された腹腔内部の状態をチェックしながら機器をコントロールして実行する手術になります。
開腹手術と照らし合わせて傷の痛みがあまりなく、癒着が生じにくいと評価されています。
腹腔鏡下手術のウィークポイントの1つが、肉眼より視野が狭いことです。
しかしながら、カメラ、あるいはモニターの解像度が相当向上したことで改善し、環境により肉眼より事細かに分析できるケースもあります。
その結果、正確に手術が進められるようになってきています。

千葉で腹腔鏡手術の専門医はいますか?

経営者募集中です

banner

腹腔鏡下手術関連ページ

banner 腹腔鏡下手術においては、1cmぐらい複数個所切開して穴を形作り、腹腔鏡及びマジックハンドという感じの

理解しておきたい腹腔鏡下手術の特徴

banner 腹腔鏡下手術と言いますのは、腹部に対して非常に小さい穴を複数個所開け、専門的なカメラ及び機器を活用し

腹腔鏡下手術を実施する主な利点

banner 胃がんにおいての腹腔鏡下手術に関してですが、腹腔鏡は、直径おおむね1センチの小さい内視鏡になります。

胃がんの腹腔鏡下手術の主な特徴

Copyright(c)腹腔鏡下手術 All Rights Reserved.