腹腔鏡下手術について

知っておきたい腹腔鏡下手術の基礎的知識

このところ、医療技術向上はめざましく手術に関しても病を患っている方の生活の質高くする方法が現れています。
今までの手術は非常に大きく皮膚を切って臓器を外に出して施す開放手術が主力でした。
その結果手術した後の苦痛も非常に強く、身体上の回復も遅れてしまっていました。
さらに、非常に大きな傷は美容上においても問題があったといえます。
しかしながら、おおよそ20年前より病を患っている方が手術によりまして受けることになる侵襲を軽減するために腹腔鏡という名の内視鏡に因る手術が研究開発されてきました。
腹腔鏡下手術においては腹壁を非常に大きく切らずに、腹腔内に対して炭酸ガスを注ぎ込みふくらませることを通して視野並びに作業のためのスペースを取ります。
手術する者の眼に代わって腹腔鏡と称されるカメラを入れ、モニターに接続されることになります。
その上、手に代わって鉗子という柄の非常に長い手術機器をお腹の小孔から入れます。
モニターに映し出される腹腔内の状態をチェックしながら鉗子を活用して腹腔鏡下手術を執り行うことが出来ます。

Copyright(c) 腹腔鏡下手術 All Rights Reserved.