腹腔鏡下手術について

理解しておきたい腹腔鏡下手術の特徴

腹腔鏡下手術においては、1cmぐらい複数個所切開して穴を形作り、腹腔鏡及びマジックハンドという感じの専門的な手術機器を腹腔内に入れ、腹腔鏡を介して映される内部の状況をチェックしながら手術を実施します。
腹腔内につきましては炭酸ガスを注いで膨らませ、視野並びに機器を機能させる空きスペースを形作ります。
腹腔鏡下手術は、国内では1990年代初めから胆嚢摘出術より拡がり始め、今日ではたくさんの臓器、あるいは病気にも活用されるようになってきています。
腹腔鏡下手術に活用する医療ツールの発展とドクターの技術の進歩により、安全面も年々進歩を遂げています。
苦痛が多くないためリハビリ等もスピーディーにスタートでき、手術した後の回復が速く少ない日数で退院することができるため、日頃の生活に迅速に復帰することができます。
さらに、腹腔内そのものが外気にさらされないことから、癒着が生じにくく、その結果、癒着が誘因の苦痛や腸閉塞といった術後における合併症が生じにくくなります。

Copyright(c) 腹腔鏡下手術 All Rights Reserved.