腹腔鏡下手術について

腹腔鏡下手術を実施する主な利点

腹腔鏡下手術と言いますのは、腹部に対して非常に小さい穴を複数個所開け、専門的なカメラ及び機器を活用して実行する手術です。
腹腔鏡下手術につきましては、1990年頃から胆石、あるいは良性疾病に向けた手術という形で広められ、それ以後は、癌といった悪性疾病に関しても敢行されるようになっています。
たとえば、 胃癌に対する手術においては、腹部を非常に大きく開けていく開腹手術が標準的な治療でしたが、近頃、腹腔鏡下手術が実行される割合が急激に増えています。
それまでの開腹手術と照らし合わせると、腹腔鏡下手術は身体に関しての負担があまりなく、病を患っている方にとってはアドバンテージが大きいとされています。
最も大きな利点は、傷そのものが小さくて済むことから、手術した後の苦痛があまりなく、美容的に見ても秀でていることです。
さらに開腹手術と見比べて入院期間が少ないことが多いです。
その上、腸管自体が外気に接触しないことから、癒着が多くないと言われています。
その影響で、手術した後の合併症が少ない傾向が見られます。

Copyright(c) 腹腔鏡下手術 All Rights Reserved.